大本紀子オフィシャルブログ「ハレの日ごはん」

Categoryお知らせ



各方面から心配していただき、メールやライン、メッセージ等ありがとうございます!

なかなか全てにお返事できなくて申し訳ありません。

私の住む呉市安浦町は、呉市の中でも忘れられている手付かずの場所とされていましたが、SNSで呼び掛けてくれた人がたくさんいたようです。
ありがとうございました!



ですが、まだ復旧が進んでいない場所にいるため、1日泥かきをしていますが、正直終わりは見えない状態です。



IMG_20180709_075949


IMG_20180710_202416_040


道路だった場所は泥だらけ。
自宅裏の川が決壊したのですが、決壊部分には低い土嚢を積んでるだけなので、川の水が流れてきていて、不安です。

近隣の住宅でも家の中から泥を出したり、庭の瓦礫や泥をかいたりしています。


雨が降っている間は川の中に家があるようで作業ができませんが、晴れると泥が乾いてまた作業も大変です。

そんな中、近隣の子ども達の友達や知人が、ボランティアで泥かきを手伝いに来てくれ、本当にものすごく動いてくれています。 
本来なら重機で対応するようなところを、人力で、それも中高生達が一生懸命にやっていて、人の縁は何と素晴らしいのかと思っているところです。


土砂崩れや冠水などの水害で道路も寸断され、災害支援や物資も届かない孤立した地域でしたが、少ない物を分けあったり助け合ったり、そんな優しさにも触れて、明日を生きる活力にもなっています。

その反面、災害窃盗団なるものが現れたりして、人間の醜さにうんざりすることもあります。。 


水道をひねれば水が出る、スイッチを入れたら電気がつく、
道があって車で走れる、子ども達が学校に通う、
家があって雨風をしのげる、
そんな当たり前のことがとても幸せなのだと身に染みています。


私の職場の方では、避難所へ炊き出しを行ったり、被災者への支援を少しずつ始めており、スタッフのみなさんの力はすごいなぁと思います!



IMG_20180710_202416_039


今回の災害では悲しいこともたくさん起こりました。
まだ行方不明の方々もいます。
テレビでは一部の地域の情報が多かったようで、他にも大変な地域はたくさんあります。


それぞれの場所で大変なことと思いますが、できることを少しずつやっていきましょう!


1日も早く支援が行き届き、復旧が進むことを願ってます。 





#西日本豪雨#平成30年7月豪雨#呉市



#2,3,4

↑このページのトップへ